您的位置 首页 日语学习

佛山学日语之日语句型〜べきだ与〜ことだ与〜ものだ

原文见佛山蜻蛉日语官网:https://www.qinglingriyu.com/news/293.html

佛山蜻蛉日语专注高考日语与日语等级考试教育培训,提倡个性化教学和因材施教,提供专业日语培训与一站式日本留学咨询服务,更多日语考试问题和日语学习问题,欢迎咨询蜻蛉日语。

本期蜻蛉日语语法讲解,我们一起学习〜べきだ与〜ことだ与〜ものだ的区别与使用,更多日语学习问题,欢迎与蜻蛉日语交流。

在对别人进行劝告,或者训诫的时候,〜べきだ・〜ことだ・〜ものだ 都可以使用。翻译都可以翻译成“应该...”。

那么这三者之间有什么区别呢?今天就跟佛山蜻蛉日语来一起学习吧。

首先,这三个句型接续相同。

Vーる・Vーない + べきだ 

Vーる・Vーない + ことだ

Vーる・Vーない + ものだ

但是,这三个句型的语感不同。

〜べきだ:「するのが、または、しないのが人間としての義務だ」と言いたい時の表現。

〜ことだ:上の人が下の人に「したほうがいい」または「しないほうがいい」と言いたい時の表現。

〜ものだ:個人の意見ではなく、道徳的、社会的な常識について「そうするのが常識ですよ」または「そうしないのが常識ですよ」と言いたい時の表現。

蜻蛉日语总结如下:

〜べきだ:含有说话人认为这么做或不做是义务

〜ことだ:一般是上对下进行建议,最好做或不做。

〜ものだ:含有说话人认为这么做或不做是常识

例:作为学生应该好好学习。

学生としてしっかり勉強するべきだ。

(说话人认为作为学生有义务好好学习)

(親が子供に対して)学生としてしっかり勉強することだ。

(父母建议孩子,作为学生,最好认真学习)

学生としてしっかり勉強するものだ。

(说话人觉得作为学生,好好学习是常识)

关于作者: 日语学习网

热门文章