您的位置 首页 日语学习

佛山日语|中日双语学习之「立冬」と言えば餃子!

原文见佛山蜻蛉日语官网:https://www.qinglingriyu.com/news/306.html

本文转自人民日报日文版,转载请注明出处。

佛山蜻蛉日语专注高考日语与日语等级考试教育培训,提倡个性化教学和因材施教,提供专业日语培训与一站式日本留学咨询服务。

2021年11月7日立冬,下面跟蜻蛉日语一起了解我国北方立冬吃饺子的习俗吧。

11月7日12时59分将迎来“立冬”节气。立冬节气到来,代表着“春生、夏芸、秋收”后,进入“冬藏”的时节。在“月令七十二侯集解”中,对于立冬的解释为“冬,终也,万物收藏也”!

今月7日12時59分に、二十四節気の19番目「立冬」を迎える。「立冬」の到来は、「春に芽を出し、夏には耕して草取りし、秋になって収穫」された後、「冬の貯蔵」の時期が来たことを示している。二十四節気をさらに約5日ずつ3つに分けた七十二侯を解説する「月令七十二侯集解」では、「立冬」について、「冬は、終わりであり、万物を貯蔵する季節」と解説している。

在我国北方有立冬吃饺子的习俗,有句俗话是这么说的:立冬不端饺子碗,冻掉耳朵没人管。人们常说吃啥补啥,以形补形,饺子形状像耳朵,为了在寒冷的冬天耳朵不被冻坏掉,北方的立冬日便有了吃饺子的习俗。

中国の北方エリアには「立冬」の日に餃子を食べる習慣があり、俗に「立冬に餃子を食べないと、耳が凍ってしまっても誰も助けてくれない」と言われている。これは中国では一般的に、身体のどこかに調子の悪いところがあれば、動物などのその部位を食べたり、補いたいところがあれば、それと同じ形の食べ物を食べると良いと言われているためで、餃子の形は耳に似ていることから、厳しい寒さの冬に耳が凍ってしまわないようにするため、北方エリアでは立冬の日に餃子を食べる習慣があるのだという。

关于作者: 日语学习网

热门文章